時代の変化

香典を持つ手

お墓とは、石塔を建てて遺骨を納めて供養するためのものです。ただお墓を建てるということ自体は仏教的な考えというよりも、日本の民族的な習慣や文化に基づいています。 日本では石塔を建てて供養をすることで、魂が浄化されて成仏できると考えられてきました。そして、そのお墓は一族で守るという風習があったのですが、現在は家族における関わりも変化し、一族の墓は一家の墓に、そして一家の墓は一代の墓へと移行していったのです。 また、少子高齢化、核家族化、独身者の増加の影響があり、お墓を守っていくことが難しくなりました。そうなるとお墓を管理する人がいなくなり、墓は荒れ果て無縁仏になってしまう危険があります。そこで、そういった問題を解決するために誕生したのが永代供養です。

家族の在り方の変化、生活様式の変化に伴い、お墓をどう管理していくのかというのが現代社会の大きな問題になっていますが、それを受けて永代供養が注目されてきました。 お金を支払うことで永代的に供養をしていってもらえる埋葬方法で、お墓の管理を心配する必要がありません。また、これは生前予約をすることも可能なので、身内がいない、お墓の継承者がいないという方は自分の死後を心配することもなくなっています。 こうした永代供養は増えていますが、需要が供給に追いついていないのも現状です。これからは益々、少子高齢化や核家族化が進むことが予測されるため、現在の永代供養のままではお墓問題は完全解決とはなりません。 よって、今後は国で動いて対策を考えていく必要があるでしょう。