遺骨箱を触っている人

マナーを守る

数珠

愛犬をいつまでも健康的にするため食事の他にも犬のサプリを摂取しましょう。コチラから商品一覧を見ることができます。

ペット供養を行ないたい家庭へ必見!大切な家族との最後の別れを、親身になってサポートする業者がココにありますよ。

厳粛な葬儀の場ですから、マナー違反は極力避けたいものです。 ここ最近大きく変化したのは通夜での服装で、会葬者は通夜には略礼装等の喪服を着用しない方がいいとされてきましたが、近年では葬儀に参列せず通夜のみに顔を出すケースが増えており、男性は特に略礼装を着用する傾向にあります。もし、通夜に普段着を着ている人を見ても、「マナー違反だ」という注意などしないように。逆に「物を知らない奴だ」と思われてしまいます。 不祝儀袋の表書きも戸惑うマナーの一つ。「御霊前」は全ての宗派に使える表書きですので、宗派がわからないなど表書きに迷ったら、「御霊前」としましょう。 ただし、浄土真宗の葬儀の場合は「御霊前」は用いず、「御仏前」とします。「人は死んだ後、すみやかに仏に導かれ、浄土に往生し仏となる」という考え方なので、霊前という考えはなく、故人は仏として扱われるからです。

見落としがちなマナー違反と言えば、服装です。 喪家は男性女性ともに正礼装を着用するのが本来の姿ですが、近年特に男性はブラックスーツで通夜や葬儀に参列する事がほとんどです。ブラックスーツは略礼装なので間違いではありませんし、近年ではそこまで厳密な格式で葬儀をする事はありません。 女性の正礼装は和装ですが、これは近しい親族だけで、一般の会葬者が和装で参列するのは仰々しすぎます。そして和装の際は、結婚指輪以外のアクセサリーはしてはいけません。 キリスト教の葬儀に参列する場合は、ベールなどを用いなければならないと思いがちですが、帽子や手袋を含めこれらは正礼装であって、一般会葬者が用いるのは逆に失礼です。 全ての宗派に言える事ですが、親族が略礼装であった場合は、正礼装は「親族より格上の礼装をしている」と言う事になり、大きなマナー違反となります。

長年の実績を持っているプランナーが紹介してくれます。神奈川で霊園を探すならここへ。希望に合わせて紹介してくれます。

大阪の葬儀会社では大切なペットの葬儀を行なうことが出来ます。小さな命でも真心込めて対応してくれますよ。

時代の変化

香典を持つ手

時代が変われば、人々の考えも変わっていきます。少子高齢化、核家族化、独身者の増加、などの時代なので、お墓を守るのが難しくなっています。そのため、永代供養が始まったのです。

Read more

火葬の方法

地蔵

ペット火葬は、合同仮装、個別火葬、立会火葬、訪問火葬の4種類があります。それぞれ特徴が異なるので、自分達はどのような火葬方法が考えて、選ぶようにすることが大切です。

Read more

葬儀の基本

大きな鳥居

葬儀の方法は様々ありますが、基本となるのは自宅葬です。自宅葬は、通夜や葬儀の式場となる部屋を片付けて、葬儀社が祭壇や飾り幕などを設営していきます。他にも様々な準備が必要です。

Read more

弔辞のマナー

古い寺

葬儀のマナーは様々あります。弔辞の場合は、基本的なパターンとして、初めの言葉、故人の死に対する哀悼から出だしとなり、エピソードなどの言葉を述べていきます。無礼にならないように知識をつけましょう。

Read more

社葬

寺の入口

葬儀では、社葬の前に密葬が行われるのが一般的です。密葬では身内だけで行います。社葬を行う場合は、霊柩車を戦闘として葬列が始まり、これに対して社員は拝礼して見送ります

Read more

オススメリンク